地域別でお金を借りるカードローン情報

地域別でお金を借りるカードローン

今すぐにお金を借りる

友人や会社の付き合い、子供の教育費、病気の治療代、冠婚葬祭などの理由で臨時出費があった月は、生活費が足りなくなって困ることがあります。 お金が足りなくて困ったときにカードローンを利用して手軽に融資が受けられますと、臨時出費などがあった場合でも家計のやりくりに悩むことが減り、お金に余裕を持った生活が送れます。

当サイトでオススメしているカードローンとはクレジットカードのキャッシングではなく、銀行や消費者金融のカードローンを利用したキャッシングや借り入れ方法について詳しくご紹介しています。

銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りる方法やカードローンの申込方法、カードローンのメリット・デメリット、オススメのカードローン一覧など、カードローンでお金を借りるための情報をたくさん掲載していますので、初めてカードローンでお金を借りたい人や専業主婦でお金を借りたい人、家族にばれないようにお金を借りたい人など、自分の希望に合うカードローンを選ぶときにご参考ください。

カードローンでお金を借りる方法は?

今月少しだけお金が足りない…、定期預金はあるけど崩したくない…、今すぐに投資したいが資金が足りない…、口座の残高が少なくて引き落としが心配…そんなとき手軽にお金を借りられる方法としてカードローンがオススメです。

カードローンは契約料や新規カード発行手数料、年会費は不要ですし、一度カードローンのカードを作りますと近所の銀行やコンビニにある提携ATMで気軽に借り入れできますので、カードローンはお金が必要なときにとても便利です。 低金利や最短即日融資、少額借入などに対応しているカードローンもありますし、来店不要で契約できるカードローンもありますので、家族や職場に知られずにお金を借りたい人にもカードローンはオススメですし、銀行のカードローンは総量規制の対象外ですので、個人収入のない専業主婦でもお金を借りることができます。

カードローンは銀行カードローンと消費者金融が有名ですが、銀行カードローンと消費者金融では金利や総量規制の対象、審査の早さ、審査の難易度などに違いがありますので、カードローンを契約する前に銀行カードローンと消費者金融の違いや特徴を知り、自分に合ったカードローンをお選びください。

また、カードローンの借り換えは簡単にできませんので、複数のカードローンを利用して借り入れ件数が多くなりますと新しいカードローンを申し込むときの審査が不利になります。 契約するカードローンはなるべく少なくしまして、カードローンを契約したあとで他社の方が金利が低かったなどの後悔をしないためにも、カードローンは慎重に選びましょう。

カードローンの金利はお金を借りた日数で算出されますので、借りたお金を早く返済しますと利息を抑えることができます。 お金が必要なときにカードローンで少額借入しまして、なるべく早めにお金を返済するといった余裕のある計画を立ててカードローンを賢く利用しますと、少ない利息でお金を借りられます。

カードローンをうまく利用しますと家計が楽になり、資金のやりくりの幅が広がって生活に余裕が生まれますので、突然お金が必要になったときのためにも、銀行カードローンや消費者金融の中から自分の状況や条件に合ったカードローンを作りまして、お金の心配が少ない生活を手に入れましょう。

カードローンは、銀行カードローンと消費者金融のどちらが良い?

カードローンは銀行カードローンや消費者金融、信用金庫などがありますが、どこのカードローンが一番良いのでしょうか?

銀行や消費者金融のカードローンはテレビのCMや雑誌広告などで馴染みがあって有名ですが、銀行カードローンと消費者金融では金利率や総量規制の対象、審査速度、審査の厳しさなどが違いますので、銀行や消費者金融でカードローンを申し込むときは注意が必要です。 初めてお金を借りる人や専業主婦の場合は低金利で総量規制の対象外である銀行カードローンがオススメですし、審査を早く済ませて即日融資を受けたい人には消費者金融がオススメです。

金融機関の銀行とノンバンクの貸金業者・消費者金融のカードローンの違いや特徴、メリット、デメリットを知っておきますとカードローンを選ぶときの判断材料になりますので、銀行カードローンと消費者金融のどちらでお金を借りるか迷われたときは次の項目をご参考ください。

消費者金融カードローンのメリットとデメリット

消費者金融カードローンのメリット

消費者金融でお金を借りるメリットは、以下の3つが挙げられます。

  • ①即日融資可能な消費者金融が多い
  • ②借り入れや返済方法が充実している
  • ③スピード審査ですぐにお金を借りられる

消費者金融は、銀行カードローンに比べますと即日融資が受けられるところが多いです。 インターネットから消費者金融カードローンを申し込んで即日融資を受けたい場合は、平日14時までに申し込みと契約手続を完了させなければなりませんが、平日14時以降や土日祝日に消費者金融から即日融資を受けたい場合は、インターネットで申込手続を済ませたあとに消費者金融の窓口へ来店して契約手続を完了させる必要があります。

また、消費者金融は借り入れや返済方法が充実しており、提携ATMを利用した借り入れと返済方法や、口座から自動引落の返済方法、インターネットから申し込んで指定口座に振込キャッシングしてもらう借り入れ方法などがあります。 消費者金融は銀行に比べてカードローンの審査が早くて柔軟性がありますので、お金が必要なときにすぐに融資が受けられて便利ですし、1,000円単位から融資を受けられるカードローンもあります。 インターネットから消費者金融カードローンを申し込んで契約手続きなどをすべてWEB完結しますと、窓口に来店する必要がありませんので早く融資を受けられます。

消費者金融カードローンのデメリット

消費者金融でお金を借りるデメリットは、以下の3つが挙げられます。

  • ①消費者金融は銀行カードローンよりも金利が高い
  • ②消費者金融は総量規制の対象なので年収の3分の1までしか借りられない
  • ③個人収入のない専業主婦はお金が借りられない

消費者金融は利息制限法で定められている最高利率に近い金利で貸し付けしているところが多いですので、銀行カードローンよりも消費者金融は金利が高くなっていますし、消費者金融の利息は日割り計算で算出されますので、消費者金融から長期間お金を借りますと高い金利によって利息を多く支払わなければならなくなります。

消費者金融から借り入れる場合は、お金が必要なときに少額借入して短い期間で返済するなどしまして、しっかりと返済計画を立てましょう。

また、消費者金融は総量規制の対象ですので年収の3分の1までの金額しか借りられませんし、他の金融機関に借入れがある場合は借入総額が年収の3分の1を超えますと消費者金融でお金を借りることはできません。 総量規制によって個人年収のない専業主婦が消費者金融でお金を借りることは難しく、どうしても専業主婦が消費者金融から借り入れしたい場合は配偶者貸付を利用する方法がありますが、配偶者貸付は配偶者の同意書や夫婦関係を証明する書類が必要になりますので、家族にばれなようにお金を借りたい人にはオススメできません。

銀行カードローンのメリットとデメリット

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンでお金を借りるメリットは、以下の3つが挙げられます。

  • ①銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低い
  • ②銀行は総量規制の対象外なので年収の3分の1を超える金額が借りられる
  • ③個人収入のない専業主婦でもお金が借りられる

銀行カードローンは消費者金融に比べますと低金利ですので長期的に借り入れしたいときに便利ですし、銀行は総量規制の対象外ですので年収の3分の1以上の金額を借り入れできます。

また、総量規制の対象外である銀行ですと個人年収のない専業主婦でもお金が借りられますので、家計のやりくりでお金が必要になったときに銀行カードローンを利用しまして、銀行やコンビニにある提携ATMから気軽に少額借入できます。

大手銀行カードローンの公式サイトでは返済や審査のシミュレーションが行えますので、銀行カードローンの利息計算や審査通過が気になる人は、インターネットから返済や審査のシミュレーションを試してみてはいかがでしょうか? 銀行カードローンの返済・審査シミュレーションの中には、同時に仮審査ができる場合もありますので、カードローンの審査や契約手続きをスマートに完了させたい人はインターネットを利用しましょう。

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンでお金を借りるデメリットは、以下の3つが挙げられます。

  • ①即日融資可能な銀行が少ない
  • ②キャッシング・借り入れや返済方法が少ない
  • ③お金を借りる審査が厳しく、時間がかかる

最近は即日融資可能な銀行カードローンも増えていますが、銀行は貸し倒れを防ぐためにカードローンの審査を厳しくしていますので借り入れするまでに時間がかかります。

銀行カードローンは、銀行や提携ATMからキャッシングする借り入れ方法と口座振込の返済方法が一般的です。 銀行口座に入金してもらう振込キャッシングの借り入れや口座引落で返済ができる銀行カードローンもありますが、指定の銀行口座が必要な場合があります。

銀行カードローンは審査が厳しく時間がかかりますが、大口の金額を低金利で長期間借り入れしたい人にオススメです。

銀行はカードローン以外にもいろいろなローンがある

銀行にはカードローン以外にも、住宅ローンやマイカーローン、教育ローン、フリーローンなど、使用目的別のローン商品があります。

ローン商品によってはカードローンよりも低い金利でお金を借りられる場合がありますので、銀行カードローンと各ローン商品を比較検討しまして自分の希望に合うローン商品を選びますと、ローンを契約したあとで後悔することなく、銀行から借り入れできます。

ここでは有名なローン商品について詳しくご紹介しますので、銀行のローン商品を選ぶときにご参考ください。

住宅ローンについて

住宅ローンとは、マンションや一戸建ての購入、住宅リフォームなどの目的で金融機関からお金を借りるローン商品です。

新築・中古の建売住宅の購入や、住宅の改築、土地を購入するときに住宅ローンを利用します。 住宅ローンは借り入れ金額が大きく、長期間の返済になりやすいローン商品ですので、金利の低さだけでなく、変動金利や固定金利、繰り上げ返済手数料や保証料、事務手数料などを視野に入れながら住宅ローンを検討しましょう。

マイカーローンについて

マイカーローンとは、自動車を購入する目的で金融機関からお金を借りるローン商品です。

自動車を購入するときにディーラーが提携するローンを勧められることがありますが、ディーラー提携のローンよりも銀行のマイカーローンの方が金利が低い場合があります。 銀行のマイカーローンを申し込みますと、契約手続きや厳しい審査、必要書類の提出など時間と手間がかかりますが、低い金利のマイカーローンを選ぶことでディーラー提携のローンを利用するよりもお得に自動車が購入できます。

教育ローンについて

教育ローンとは、子供の教育に使用する目的で金融機関からお金を借りるローン商品です。

教育ローンは、銀行などの民間が行う教育ローンと、国や公的機関が行う教育ローンがありますが、民間と国や公的機関が行う教育ローンではそれぞれメリットとデメリットがあります。 国や公的機関が行う教育ローンは銀行の教育ローンよりも金利が低いですが、審査が厳しく、融資の申込上限が低いです。

銀行の教育ローンは公的機関の行う教育ローンよりも金利が高いですが、審査に柔軟性があり、融資の申込上限が高いです。 教育ローンを選ぶときは、家の状況や世帯年収などに合う教育ローンをオススメします。

フリーローンについて

フリーローンとは、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどのようにお金の用途が定められていないローン商品です。 フリーローンは多目的ローンとも呼ばれ、事業性資金や投機性資金以外の用途であれば自由にお金の使い道を決められます。

フリーローンはカードローンに比べますと金利が低いですが、追加融資ができなかったり、融資まで時間がかかったり、繰上げ返済手数料は高くなる場合がありますので、フリーローンよりもカードローンの方が便利なケースもあります。

カードローンでお金を借りるまでの流れ

銀行や消費者金融のカードローンを申し込むときに、お金を借りるまでの流れを知っていますと不安なくスムーズに契約手続きを完了させることができます。 ここではカードローンの申し込みからキャッシングまでの一般的な流れをご紹介していますので、銀行や消費者金融のカードローンを申し込むときにご参考ください。 カードローンの申し込みからカードローンを利用するまでの手順は、大きく分けて5つあります。

①契約申込み
②仮審査
②本審査
③在籍確認
④カードローン利用開始
⑤返済

最初に、窓口や電話、郵送、自動契約機、インターネットなどからカードローンを申し込みます。 窓口へ来店するのが嫌でオペレーターと話したくない場合は、カードローンの申し込みと契約手続きができるインターネットのWEB完結がオススメです。

申し込み後の仮審査では、申し込み内容と個人信用情報を照会・確認しまして問題がなければ本審査に移ります。 本審査では返済能力によって貸付条件や融資限度額を決定しますので、申し込み内容や返済能力の有無を確認するために本人確認書類(健康保険証、年金手帳など)や収入証明書の提出が求められる場合がありますが、銀行や消費者金融によっては何万円までの借り入れは収入証明書が不要など、収入証明書を提出しなくて良い場合もありますので各カードローンの公式サイトをご確認ください。

また、本人確認書類や収入証明書など契約に必要な書類を提出する方法は、郵送以外に自動契約機でスキャンする方法やWEBにアップロードする方法がありますので、必ずしも窓口へ来店する必要はありません。 本審査の後は、申し込みのときに登録した自宅や職場の電話番号へ電話連絡をしまして在籍確認を取り、問題がなければ契約書類と共にカードが郵送で自宅に送られてきます。

自動契約機では審査後にその場でカードを受け取ることができますが、カードレスでキャッシングできるカードローンを選びますとカードの郵送がありませんので、カード不要でネット上だけで借り入れの取引をしたい場合はカードレスでキャッシングできるカードローンをオススメします。

カードローンの契約後は、銀行やコンビニにある提携ATMからキャッシングしてお金を借り入れできます。 返済方法は契約したカードローンによって異なりますが、指定口座から自動引落、銀行・自社ATMや提携ATMで支払い、口座振替、窓口で返済する方法があります。

バレずにお金を借りる方法

家族や職場にばれないようにカードローンで借り入れしたいときは、カードローンの申込方法や郵送物の受取方法など少し工夫が必要です。
妻や夫、親、職場にカードローンがばれますと、心配をかけ余計な詮索をされるかもしれません。

カードローンは借入や返済計画をきちんと立てて賢く使えば家計を手伝う便利な方法ですが、カードローンという響きに良い印象を抱いていない人もいます。
ここでは、家族や職場にばれないようにカードローンを利用するときに気をつけたい3つのポイントをご紹介します。

①在籍確認の方法

カードローンを申し込みますと、審査後に在籍確認のために職場へ電話連絡があります。
電話連絡はカードローンの会社名を名乗ることはなく、多くは個人名で在籍確認が行われますが、感の良い人はカードローンの在籍確認だと気づくようです。
在籍確認の電話連絡が心配な人は、在籍確認を書類で済ませるカードローンを選びましょう。

②郵送物の受取方法

カードローンの申し込み後に自宅へ郵送される契約交付書類や発行カードの受け取り方法で、家族にばれてしまう可能性があります。
郵送物の送り主からは一見カードローンだとはわからないですが、郵送物の中身を見られてしまえば家族にばれてしまいます。
郵送物を送る日時を指定できるカードローンもありますが、郵送物から家族にカードローンがばれてしまうのが心配な人は、窓口や自動契約機で契約交付書類や発行カードなどを受け取りましょう。

また、カードレスのキャッシングができるカードローンもありますので、カードをを作りたくない人はカードが不要で借り入れできるカードローンを選びましょう。

③返済の督促でばれる

カードローンの返済が遅れますと返済の督促がありますので、自宅や職場に返済の督促連絡が来ないように返済期日は厳守しましょう。
返済が遅れる場合は、返済期日までに返済が遅れる旨を銀行や消費者金融に電話連絡しましょう。
きちんと返済期日を守ることで家族や職場にばれずにカードローンが利用できますし、銀行や消費者金融から良質のお客として信用が得られます。

カードローンでお金を借りるときの注意点

銀行カードローンや消費者金融の借り入れは便利ですが、カードローンでお金を借りるときに注意したい点があります。
銀行や消費者金融のカードローンを申し込むときに同時に複数のカードローンを申し込みますと、審査の段階で複数のカードローンを同時に申し込んでいることがわかりますので、銀行や消費者金融の審査担当者に悪い印象を持たれてカードローンの審査に落ちる可能性があります。
カードローンを申し込むときは同時に他社のカードローンを申し込まずに、一つのカードローンが契約できたあとに別のカードローンを申し込みましょう。

また、大手銀行や消費者金融の名を語った悪質な貸金業者がありますので、異常に低い金利や審査なしなどの怪しいカードローンは気をつけましょう。
カードローンの利息は日割り計算で算出されますので、早く返済しますと利息の支払いが少なくて済みますが、借り入れや返済のときに手数料がかかりますと利息より借入・返済の手数料が高くなる場合もありますので、金利の低さだけでなく、提携ATMの手数料無料や30日間無利息などの無料サービスがついたカードローンもオススメです。

オススメのカードローン一覧

ここでは、各銀行カードローンと消費者金融の特徴をご紹介します。
年利や融資上限額、審査の通りやすさ、店舗数などを分かりやすく掲載していますので、カードローンを選ぶときにご参考ください。
また、年利は変動金利ですと年利が変わる場合があり、貸付利率は契約極度額に応じて異なる場合があります。

銀行カードローン

住信SBIネット銀行(※住信SBIネット銀行のMr.カードローン プレミアムコース)

実質年率1.89%~7.99%
限度額最高1,000万円
店舗数ネット銀行なので店舗なし
提携ATMイオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netなど(※キャッシュカードが必要)
特徴最短即日融資可能。住信SBIネット銀行口座必要。ATM利用手数料無料。300万円まで収入証明書原則不要
申込方法インターネット、必要書類はWEBサイトからアップロードできるので来店不要

スター銀行

実質年率4.5%~14.6%
限度額10万円~500万円
店舗数32店舗、店舗外ATM905ヶ所
提携ATMスター銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行など
特徴最短即日融資可能。300万円以下まで年収証明書原則不要。
申込方法フリーダイヤルの電話、インターネット、必要書類はWEBサイトからアップロードできるので来店不要

セブン銀行

実質年率15%
限度額最高50万円
店舗数6店舗、店舗外ATM23,002台
提携ATM全国のセブン・イレブンATMなど
特徴セブン銀行口座必要。ATM利用手数料無料。本人確認書類や収入証明書等は原則不要
申込方法インターネットの申し込みでWEB完結

みずほ銀行

実質年率年4.0%~14.0%
限度額10万円~1,000万円
店舗数約421店舗
提携ATMみずほ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netなど
特徴最短即日融資可能。みずほ銀行口座必要。ATM利用手数料無料(※コンビニATMは月4回まで手数料無料)。200万円まで収入証明書原則不要
申込方法窓口、郵送、みずほ銀行カードローン専用ダイヤル、インターネットの申し込みでWEB完結(※みずほ銀行口座が必要)

楽天銀行

実質年率1.9%~14.5%
限度額最大800万円
店舗数ネット銀行なので店舗なし
提携ATMみずほ銀行、三井住友銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netなど
特徴最短即日融資可能。楽天ポイントがもらえます。300万円まで収入証明書原則不要
申込方法インターネット、必要書類は、郵送またはWEBサイトからアップロードできるので来店不要

三井住友銀行

実質年率4.0%~14.5%
限度額最高800万円
店舗数約440店舗
提携ATM三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netなど
特徴最短即日融資可能。口座開設不要。ATM利用手数料無料。300万円以下まで収入証明書原則不要(※個人事業主および法人代表者の方は必要)
申込方法窓口、郵送、電話、ローン契約機、インターネット

三菱東京UFJ銀行(※三菱UFJ銀行)

実質年率4.6%~14.6%
限度額10万円~500万円
店舗数約766店舗
提携ATM三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、JAバンク、イオン銀行、十六銀行、愛知銀行、中京銀行、名古屋銀行、百五銀行、大正銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netなど
特徴最短即日融資可能。口座開設不要。ATM利用手数料無料(※提携金融機関のATMは有料)。100万円まで収入証明書原則不要
申込方法電話、テレビ窓口、インターネット

新生銀行カードローン レイク

実質年率4.5%~18.0%
限度額1万円~500万円
店舗数約28店舗
提携ATMレイクATM、ゆうちょ銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netなど
特徴最短即日融資可能(*)。「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」。ATM利用手数料無料。100万円以下まで収入証明書原則不要
※平日14時までに、申込と必要書類の確認が完了した場合。
申込方法レイク自動契約機、電話、郵送、インターネットの申し込み.
新生銀行カードローン レイク

千葉銀行

実質年率1.7%~14.8%
限度額最大800万円
店舗数約28店舗
提携ATMセブン銀行、ローソンATM、ゆうちょ銀行、E-net
特徴最短即日融資可能。来店不要。毎月2,000円からの自動返済。所得証明不要。銀行ならではの安心金利。
申込方法郵送、電話、FAX、インターネットの申し込みでWEB完結
千葉銀行

消費者金融

アコム(※アコムカードローン)

実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
店舗数1,109件店舗
提携ATM三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、地方銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netなど
特徴最短即日融資可能。30日間無利息サービス有り。50万円まで収入証明書の提出不要
申込方法電話、郵送、窓口、むじんくん自動契約機、インターネットの申し込みでWEB完結
アコム

プロミス(※プロミスカードローン)

実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
店舗数約1,069店舗
提携ATM三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netなど
特徴最短即日融資可能。30日間無利息サービス有り。50万円まで収入証明書原則不要。女性オペレーター対応可能
申込方法窓口、電話、郵送、自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、インターネットの申し込みでWEB完結

アイフル

実質年率4.5%~18.0%
限度額限度額 500万円
店舗数約902店舗
提携ATM三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、親和銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netなど
特徴最短即日融資可能。30日間無利息サービス有り(※無担保キャシングローンを利用する場合)。50万円まで収入証明書の提出原則不要
申込方法窓口、無人契約機、電話、インターネット

モビット

実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
店舗数約372店舗
提携ATM三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-netなど
特徴最短即日融資可能(*)。収入証明書が必要。WEB完結申込をすると電話連絡や郵送物なし。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合がございます。
申込方法電話、郵便、ローン申込機、インターネットの申し込みでWEB完結
モビット

銀行や消費者金融のカードローンは数多くあり、どのカードローンを選べば良いのか迷いがちです。
カードローンを選ぶときは、審査の早さや柔軟性、融資限度額、借入や返済方法、インターネットの口コミや評判などを参考にしまして、自分に合うカードローンを選びましょう。
病気の治療代や冠婚葬祭など、臨時出費でお金が必要になったときにカードローンは強い味方です。
カードローンを普段利用することはなくても、いざというときに銀行やコンビニの提携ATMで手軽にお金を借りられるカードローンはとても便利です。
今後何かあったときのためにも、自分専用のカードローンを作ってみてはいかがでしょうか?